Swingin' Fantasy Worlds

MiniTool Partition Wizard 前回のスキャンデータを反映させる方法

      2020/07/25

スキャン結果エクスポートはとても大事!

以前の記事、MiniTool Partition Wizard プロ・アルティメット版の『データ復元編』にて『スキャン結果をエクスポート』できるという話をしました

これはとても重要で結果をエクスポートしておけば、再度スキャンし直さなくても、スキャンした状態にしてくれるとても便利な機能なのです

私はこれに気付かず、データ復元をしてしまい、その最中にPCが落ちていて、もう1度、14時間もスキャンをする羽目になりました><

そんな事態にならないように、『スキャン結果をエクスポート』必ずする事をおすすめします!

こんな時に役立ちます!

MiniTool Partition Wizard プロ・アルティメット版でデータを復元する際に、10個までのパーティションしか読み込めないという制限があります(私の場合は16個もパーティションが出てきました・・・)

それ以上、読み込んでデータ復元したくても出来ないんです

そんな時は1度に復元しようとせず、分けてやれば良いのです

そして、その時に重要なのが前のスキャンデータを反映してくれること

そう、『スキャン結果エクスポート』です

これさえしておけば、再度、何時間もスキャンせずに済むのです

エクスポートしたデータを反映させよう

エクスポートの仕方は前回の記事、データ復元編にお任せし、エクスポートデータの読み込み方を書きます

それでは、反映させてみましょう

まずはプロ・アルティメット版を立ち上げ『データ復元』ボタンを押します

対象ドライブを右クリックで『データ復元』でも大丈夫だと思います

PC error 0011

データ復元画面になったら、『手動で読み込む』を選択し、右下の『結果を読み込む』をクリックします

PC error 0025

次に、保存した『RSSファイル』を選択し『開く』をクリック

PC error 0026

すると、読み込みが開始し

PC error 0017

あっという間に以前のスキャンデータが反映されました^^

これさえ知っておけば、いつでも復元できますね

ちなみにうちのRSSデータは235MBでしたのでUSBに入れています

何かの時のために、スキャン結果エクスポートをしておくと良いですよ^^

 - BLOG, PC